カーネリアンの意味
 
カーネリアン(紅玉髄)
モース高度:6.5〜7
主な産地:インド・英国・ペルーなど。

7月の守護石として有名なカーネリアン。
カーネリアンの主な色は写真のようなオレンジやレッド系の色みなどです。
希少な色としては、ピンクカーネリアンがあります。

カーネリアンの名前の由来は、ラテン語で肉を意味するcarnis・新鮮という意味のcarneolusを語源するともいわれています。
古くから様々な国の人々の間で使用されてきました。
紀元前2500年頃のメソポタミア、ウル王墓からカーネリアンの首飾りが発掘されたのをはじめとし、装飾品や印鑑、印章としてよく用いられていました。
その有名なものとして、ナポレオンの8角形の印象があります。そしてその印象を、生涯肌身離さず身に着けていました。

力強さと勇気を与えるとされ、真実を見分けて自分自身の力を十分に発揮するが可能となり、与えられた仕事も成功に導く力があるといわれています。
また、持ち主に勇気と勝利をもたらしてくれるでしょう。
新規のビジネスをスタートさせる方、活力が必要な方、現実的に何かを行いたいという方にはお勧めの石です。

浄化方法
 
ホワイトセージ
クラスター
月光浴
流水
音叉
日光浴

などがあります。
| koppe | 18:02 | comments(0) | - |
Page: 1/1